雪の記憶 > 過去ログ (カテゴリ:(PS3版)テイルズ オブ グレイセス)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 9  (2015/02/19)
葬刃
最早恒例となりつつあるゼスティリア中の挟みグレイセス。
ちまちまと進んでおります…本当に少しずつ兆しが。

今まで非常に不安定で撃破していたグリーンスライム×2に、
少しだけ安定性が生まれてきました…素晴らしいことです。

さて…ここまで来ると残すはクリアだけでしょうか。
もう少しやれば何とかできる…コレをクリアすれば、
ノーダメージの旅としても大きな一歩になりそう
です。


4年前の私へ…何とかなりそうだよ!

この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-334.html
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 8  (2015/02/02)
HP半分で2匹
前回の記事でゼスティリアの術技考察をしたいとか言ってたんですけど、
そのゼスティリアの挑戦での攻め方が、いささか単調すぎて
面白みがなくなってきた
ので息抜きにグレイセスしてたら、
クイーンスライムがなんとかなる…かも知れない線が見えてきました。


なんとHP1/2減少で生み出すグリーンスライム4匹を0~2匹に減らせました
しかしHP1/4減少で生み出すグリーンスライム8匹地点までは、まだ到達はしていません。

にしても今まで諦め半分でセーブデータを残して
ちまちまやっていただけに嬉しいです。
何気に4年前から倒せないと言っていたノーダメージボスエネミーです。

そういえば少し前のヴィクトリア教官も同じような現象でしたね。
あちらもふと遊んでいた時に、回避の考え方が変わってクリアできました。

とりあえず遊び続けてみるものですね。
完全に諦めてしまって全く起動しないよりかは、
無理とわかってても少しでも触れてみるものだということですね。

ただまだまだ被害を抑えられるというのがわかっただけで、
別にクリアができるようになったわけじゃあないんですけどね。

おかげでゼスティリアの熱が少しどこかへ行ってしまいました。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-326.html
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 7  (2014/06/03)
あんなこと言ってたのに今まで通りの記事という。
つまり書きたくなったら書く、それだけでした。

さて…少し前から、ちまちまやってたヒューバート戦。
ついに終わらせてしまいました…少し寂しい気もしますが。
いやあ…ダウン可能で軽いので連携が楽しかったです。
そのせいもあってアーツとバーストの連携を入れてみたり。
ポイントは昇竜氷舞と幻魔衝裂破の落下時間によるCC回復でしょうか。
おかげで長時間攻撃することができました。
なるべくCC回復手段は増やしたいところですね。
気絶や弱点制覇、そして今言った仰け反り時間の増加などなど。



それでは…動画のヒューバートのですが、
なんか動画観ると非常に簡単に見えますね。
いや本当は色々な攻撃を使ってくるんですよ。
ただ実際に戦うと確かに倒し易いとも思います。

でも一応…自分の中でやりたいことと言うのはあったんです。
なんというか全ての攻撃を対処できるようにしたいと。
ただそれを目指してやっていると、人間の判断力…いや私の
判断力だけでは非常に厳しくなってしまいまして。
とりあえずスカーレットだけはどうにもできませんでした。
警戒していても避けれないというのは悔しいですね。

まあ積極的に攻めたら動画のようになりましたよと。
見ての通り、あまりヒューバートの攻撃を待つ必要はありません。

ヒューバートはダウンするので、赤ガードする時間を作れます。
だからガードされても関係なく正面から攻撃しているのが多いわけです。
先に回避して攻撃してる場面は赤ガードする時間が無かった時ですね。
基本的に裂震虎砲か葬刃でダウンさせて、
CC回復と赤ガード時間を稼いでいく戦法
です。

ただあまり赤ガードに集中してると、
普通に回避できるアクアバレットやフレアショットも
回避しそびれてしまいますので注意しなければいけませんが。

さて次はチムピオーンボアの予定ですが、なかなか厄介ですよ。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-321.html
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 6  (2014/03/15)
こんばんは、雪野です。

前回のヴィクトリアで、モチベーションというか
すっかりやる気になった私です。
あれからまずはセーブデータを作るために、
とにかくガンガン進めております。
PS3がセーブデータだらけになってしまいました。

とりあえずヴィクトリアが終わったので
次はセルディクやリチャードなのですが、
今はサブイベントで戦う事のできるヒューバートと
戦闘させて頂いております。
このヒューバートは仰け反り方が雑魚と同じのようなので、
非常にコンボが楽しいのです!
要は裂震虎砲や葬刃で簡単にダウンしてしまうんですね。
しかも、ヒューバートの攻撃が避けやすいのもあり、
プレイしてて非常に気持ちが良い戦闘になっています。
ただ弱点が少なくてコンボ時間が短くなってしまうのが
少し残念なところでしょうか。
それと軽すぎる分、連携が自由過ぎて何にすれば良いか
とても悩んでおります…あんまり連携を多彩にすると、
対応回避に割く意識が少なくなってしまいます
し。

まあ…何か浮かんだらやります。
とにかく今は飽きるまでヒューバートを楽しみます。

ダブル回避
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-318.html
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 5  (2014/03/12)
こんばんは、雪野です。

ちょっと休みだったので久しく本気でテイルズやってました。
そしてこれまで全く進まなかった挑戦に…終止符が撃たれたわけです。
コレは本当に私が何気に2年間ちまちまとやってたモノでして、
今思うと非常に感慨深いものがあります…2年ですよ。
逆に言えば倒すのに2年もかかったという事ですね。
いや…普通に考えてそっちの考えしか出てきませんね。

はい、下手くそだったので倒すのに2年かかりました。

どんだけですか…いやちまちまやってたにしても長過ぎでしょう。
まあそういう話はこの辺にしておいて…本編へ。


ヴィクトリアは弱点特性が「凍結」「射撃」「鈍足」「人間」です。
とりあえず装備には全てライズを入れて下限を増やし、
全ての特性を当てる事は可能かどうかを練習していました。
この練習はいつやってたか…最早覚えていません。
そしたらできたんですね…凍結は砕氷刃・昇竜氷舞・幻魔衝裂破。
射撃は風牙絶咬・崩雷殺、鈍足には朧月夜と冥斬封。
人間は魔王炎撃破…だけでしたね。
あとはこれらを何回も何回も違う順番で…組み合わせて…組み合わせて
そして2年もかかってしまった動画がこちら。

)

とにかくヴィクトリアに何故ここまで手こずっていたのかと言われると、
どうも私は意識していた部分が違っていたみたいで。
そもそもヴィクトリアの攻撃パターンは序盤に3つあります。
それはストライダースピアという突進攻撃です。
こちらは遠いところから突き進んできます、対応回避は左右です。
そしてウインドスピア、こちらは密着時に使ってきます。
対応回避は後ろ…そして最後に同じ密着のクラッシュスピア。
こちらは対応回避は少しテンポが遅れた左右になります。
私は今までウインドスピアが来るのを基本としてプレイしていました。
つまり走ってくるヴィクトリアはウインドランスを撃ってくるという
決めつけでプレイしていることになります。
基本的に何か指針になる判断基準を置いておいて、
それらをだんだん捨てていって判断していくのがグレイセスの
必勝パターンになると思われるのですが、私はその
ウインドランスを基本として構えるという前提が間違っていました。

というのもウインドランスを基本として構えた場合、
それより離れた位置から使ってくるストライダースピアは
どうやって回避するというのでしょう。
それを今までヴィクトリアを走らせて少し離れた位置で止まったら
ストライダースピアだと判断する
ことにしていました。
そしてそれは同時に、ヴィクトリアをストライダースピアよりも離れた位置まで
引き離しておかなくてはいけないということ
でした。
戦うとわかるのですが、難易度カオスというのは待機時間が非常に短く、
攻撃し終わった後はすぐに動き始めます。
よって判断するためアスベルが離れる前にストライダーを
撃たれてしまい、対応回避が遅れて倒される
ことが多々ありました。

私はソレをずっと攻撃する事ばかりを考えていて、
今は特に防御を意識していないから倒されてるだけ
だと思っていました。


そしてクリアできる当日に私はふと、今ストライダーを
撃ってくるなら避けるぞという時間待ちを考えるようになりました。
それは…最早ヴィクトリアと長距離を離れることが困難だと思い知った私は、
現在のヴィクトリアの待機状態が終わったら今ストライダースピアを撃ってくる
という意識を持って待ち構える事にしました。
要はストライダースピアの発動範囲内には既に入ってしまっているので、
走らずに攻撃モーションを取ったらストライダーだと判断する
という事です。
以前と逆です、走って来たらストライダースピアでは無いんです。
ここでもし仮にストライダースピアではなくて、ウインドスピアや
クラッシュスピアだとしても、近くに来るまでこちらと距離があるので
容易に回避は可能です。

その感覚を掴んでからは…追加技を使ってくるHPまで
何度も減少させることができました。

そんな経緯があり…こうしてクリアすることができました。
長かった…長かったです、本当に。

そういえば2年かかったんだから超綺麗に動けると思われてる方も
いらっしゃったかも知れませんが、私が躓いていた事は
言わばヴィクトリア戦との基礎中の基礎…普通のことだった
んです。
よって動きは全然綺麗ではないですね、ただのプレイヤーでした。

さて…普段なら避け方を変えていって攻略していくものなのに、
今回は避け方を変えていく意識自体が間違っていたと言うわけです。
これは面白いですね…また同じ壁があった場合は、
今回と同じような乗り越え方があるかも知れないという
可能性と選択肢が生まれました
…これこそが成長かも知れません。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-317.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。