雪の記憶 > 過去ログ (カテゴリ:テイルズ オブ ハーツR)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです テイルズ オブ ハーツR 発売  (2013/03/12)
そういえば前回のベリル記事を書いて数日で充電が切れて、
セーブが消し飛んでしまいました。
よって…製品版までやる気を無くしてました。

それよりもハーツRが無事に発売されましたね。
なので、これからは製品版の話をしていきます。

とりあえずプレイした感想ですが、
どうも体験版を遊び過ぎたせいか楽しいと思えませんね。
いえ…別に面白くないわけではないですが。
何と言いますか、新鮮味がないだけでしょうか。
とりあえず新しい術技やスキルを覚えていこうと思います

ただ現状で好印象なとこが1つだけあります。
それは武器なのですが…何やら序盤で
特殊効果の付いた武器が出てくる
んですよね。
撃破時TP○%回復とか…いきなり出てきて驚きました。
性能は低いけど能力が良いものは面白いですよね。
そこで性能は高いけど能力が無いものと悩むことができます。
(性能:武器の数値、攻撃力500など…能力:特殊能力、TP○%回復など)
性能が高いだけの武器だけだと結局数値だけ見て選びますからね。
つまり数値が低いだけで即ゴミ扱いというわけです。
しかし物理攻撃が凄く高いけど術攻撃が低い武器や、
物理攻撃が低いけど術攻撃が高い武器など…
他にも幸運が高かったり、TCが多かったり、
HPが大幅上昇したり、移動速度が上昇したりと
それぞれの武器の個性が強くて非常に迷ってしまうんですよね。
しかもソーマの選び方次第では、大量に手に入ります
本当にこうやって自分のこだわりに合わせた武器選びが
できるというのは素晴らしい
ですねえ。

ただこれら武器も最終的には使わなくなってしまうのでしょうが、
序盤でこれだけ悩める性能と能力が豊富な武器が沢山あれば、
選ぶのが非常に楽しいんじゃあないかなと私は思います。

とまあ…個人的にこのあたりが凄く良かったと思います。
前回のX2の武器選択の記事を書いてコレだったので、
なんだかとても嬉しい気分です。



しかし性能・能力違いの装備というのは昔からある程度はあったと思います。
エクシリア2も、その時に書いたシンフォニアでも…ありました。
リメイクされたDとかにもありましたよね、勿論他にもありますけど。
しかし敵のドロップアイテムで拾う素材で作った場合のみ、
それら特殊能力の付いている装備を入手する形でした。
それだけではないんでしょうが、まず簡単には手に入らないものでした。
つまり今回良かったと思った事の本質は、性能や能力の違う武器が
簡単に豊富に手に入るということ
になるんですかね。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-306.html
ただのティアです ベリルの戦い方について  (2013/01/06)
ついにキャラクターをベリルに変更したわけですが、
なかなか難しくて困ってます。

コハクとヒスイで戦い続けてたのでレベルが低め

まずベリルというキャラクターは
物理攻撃に弱く、術攻撃が高い典型的な術キャラです。
よって近接が不得意で術攻撃が得意です。
…別に今更ここまで言う必要もありませんか。

何にせよハーツRではチェイスリンクをするために
敵に攻撃を当てなければいけない
わけです。
最初はベリルで敵陣にそのまま突っ込んでいきました。
案の定、四方八方から攻撃されてすぐに死にました。

…当然と言えば当然です。
というわけで今度はチェイスリンクを諦めて
離れて術だけを唱えることにしました。
敵はそんなことはお構いなしに近づいてきます。
詠唱ギリギリでも間に合わなかったのでガードしたり、
見えないところから術が飛んできて中断させられたり、
走って逃げても追いかけてきたりして唱える暇がありません


そうしているうちにベリルのブレイク攻撃は
ターゲットの手前で出現する
ことを思い出しました。
これを使えば遠距離でも攻撃できると思い
使っていたのですが、ブレイク攻撃は1コンボ中に
1回しか出せない
ので非常に効率が悪いんですよね。

というわけで技の「スラッシュからぁず」を
TCの限り連発してみることに。
するとどうでしょう…コハクなら火旋輪が
8回くらいでチェイスマーカーが出ていたのに対し、
ベリルの「スラッシュからぁず」は3~4回当てると
チェイスマーカーが出現
しました。
更には鋼体も簡単に破る始末…なんて強い遠距離攻撃。
そこから遠距離チェイスリンクが始まりました。


そんなわけでやっとベリルの戦闘のスタート地点に
立てた
感じですかね…これから頑張って使っていきます。
とにかくパーティは2人、パートナーはコハクです。
果たしてベリルとコハクで結晶騎士団兵×4を倒せるのか
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-305.html
ただのティアです テイルズ オブ ハーツRのシステムについて その2  (2012/12/30)
あれですね、あんまりtwitterばっかりしてると
ブログに書く事がなくなってしまいますね。
…と言っても何をどこまで喋るかとか決めてるわけでもないので
分けようがないわけですが。

とりあえずハーツRで思った事とか
気ままに書いていきましょう。

まず前回の記事で良かった部分を引っ張ってきましょう。
赤い文字で書かれた文章がそうです。
基本的に赤い部分は嬉しかったり楽しかったり良い部分です。
青い部分は反対ですから、そういうことです。

・スピルドライブは仰け反り中でも発動可能
・ターゲット変更は1回押すと最寄り、2回で2番目に近い敵
・メニューで△ボタンを押すと戦闘参加人数変更可能
・コンフィングで移動をスティックタイプと十字キータイプに選択可能
・カメラ変更は近い・普通・遠いの3種類


スピルドライブで脱出!

・スピルドライブは仰け反り中でも発動可能
まずはスピルドライブの仰け反り脱出の部分から。
ヴェスペリアやマイソロではオーバーリミッツが
棒立ちと攻撃中のみしか使えなかったんですよ。
しかしハーツRはヴェスペリアのようなゲージデザインでしたが
仰け反り中でもスピルドライブを発動できました

レベルは体験版では3まであり、レベル1から使えます。
よって、敵が多い場合はなるべくレベル1ずつ小出しにして
使っていった方が回復できる機会も増えます
から使い分けるといいですね。
スピルドライブ中は詠唱時間が激減しますから。
さて、これにより従来のテイルズシリーズの仰け反り脱出は
1度使えばゲージは空になるのがほとんどだったのですが、
ハーツRはすぐに2回目、3回目と使えるようになったわけですね。
これは素直に嬉しいと思いました、混戦が多い3D戦闘には。

・ターゲット変更は1回押すと最寄り、2回で2番目に近い敵
そして次はターゲット変更の仕様なのですが、
こちらはもう今更語ることもないでしょう、いつものことです。
とりあえず感謝をしても感謝しきれない思いですよ。
本当にありがとうございます、これからも宜しくお願いします。
本当は据え置きのテイルズもこの仕様に戻って欲しいんだけど…

・メニューで△ボタンを押すと戦闘参加人数変更可能
次は戦闘参加人数の変更が可能になったわけですが、
これも非常に嬉しい仕様の1つですね。
まさか終盤に手に入るスタンドアロンでも孤独の魔導書でもなく、
システムで最初からできるとは驚きです。
しかしこれが嬉しい人って僅かしか居ない気もするんですがね。
これは是非これからのシリーズに導入して欲しいです。

Aです

Bですね

・コンフィングで移動をスティックタイプと十字キータイプに選択可能
さて…次は操作のタイプ変更ですね、画像ばかりで申し訳ないですが。
これはヴェスペリアの、十字キータイプかスティックタイプか
選べたものと似たようなものです。
別に誰もが好きなタイプを選べば良いのですが、
やはりテイルズオブシリーズですから、
十字キーも使う人がいるということを忘れていないということが
嬉しくて仕方ありません。
この設定もこれからのシリーズに残っていってくれれば良いですね。

・カメラ変更は近い・普通・遠いの3種類
最後はカメラなのですが、こちらも特に言うことはないでしょう。
据え置きでは当然なものですしね、携帯機で戦闘画面のカメラ設定が
できるものは少なかったので嬉しかった
です。
私は当然「遠い」にして、なるべく全体を見渡そうとしています。
敵が来るのを早く知ることができて邪魔されにくいですからね。

・ブレーキ硬直はどんな行動でもキャンセル可能
あとこれは赤い文字にしてなかったんですけど今思い出しました。
これも普通に嬉しいと思いましたね…従来のテイルズは
ダッシュした後のブレーキ硬直がある
んですよね。
ただヴェスペリアやマイソロではブレーキ硬直を
ガードでキャンセルできる
のでやっていたのですが、
それでもやはり振り向く時に一瞬止まってしまうんです。
それがハーツRでは瞬時に反対側へ走ることが可能になりました。
言わばシンフォニアのスキル「ハイターン」が付いた状態ですね。
何気にこれは助かるなと思いました、ヴェスペリアもマイソロも
あれはあれで1つのテクニックだと思えば良いんですけどね。
一応この仕様にも結構驚いたのでこちらに書きました。
できればコレもこれからのテイルズで使ってくれると嬉しいです。

さて…良いなと思ったのはこれくらいでしょうか。
ただよくよく見てみると3番目以外は全て既存なものなんですよね。
先程の記事に書いた通り私はイノセンスRをまだプレイしていませんので、
この3番目の項目が既にイノセンスRでやっていたことかも知れませんが。
つまり私がどれだけ携帯機を低く見ていたのかがわかると思います
他人から見ると内容的に全然褒めてないように見えるでしょうが、
それでも私にとってはすごく嬉しい事だったんですよ。
携帯機のテイルズが据え置き並の仕様になるということが。
ただそう考えると書くタイミングが今になっただけで、きっと私は
もし先にイノセンスRをプレイしていたとしたら、
このような記事をもう少し早く書いていたのでは
と思えてきました。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-301.html
ただのティアです テイルズ オブ ハーツRのシステムについて  (2012/12/28)
そろそろレベルも40に

テイルズオブハーツRの体験版をやりました。
わざわざ体験版をするためだけにVitaを購入

しかし思っていた以上に面白かったので満足。

一応、イノセンスRも買ったんですが
ハーツRが面白すぎるので未だに遊べてません

ではハーツRの細かい戦闘仕様から

・1コンボ中に通常攻撃は3回出せる、4回目はブレイク攻撃になる
・通常orフリーラン攻撃でTPが1回復、ブレイク攻撃はTPが回復しない
・L+○で単発横ブレイク攻撃、L+×で単発上下ブレイク攻撃
・フリーラン攻撃あり、フリーラン攻撃から通常攻撃へコンボ可能
スピルドライブは仰け反り中でも発動可能
・スピルドライブLv3以上で術技使用後に×ボタンで秘奥義(シングのみ)
・スピルドライブ中は詠唱時間激減
今回も敵に鋼体あり
ターゲット変更は1回押すと最寄り、2回で2番目に近い敵
・フィールドの枠線あり
・ブレーキ硬直はどんな行動でもキャンセル可能
・ガードで術も防御可能
・詠唱待機あり
・術のフリーターゲットがない
メニューで△ボタンを押すと戦闘参加人数変更可能
コンフィングで移動をスティックタイプと十字キータイプに選択可能
・アイテム制限時間あり
・アイテム使用選択はHPかTPが一番少ないキャラクターから
攻撃時に敵の方向に向かって攻撃を繰り出す補正あり
カメラ変更は近い・普通・遠いの3種類
・TCは術技のみ消費で、回復は行動やめて1テンポしてから
・チェイスリンク中でもTCは消費される
・チェイスリンク中はTPが消費されない
・チェイスリンク中は敵がずっと仰け反り状態になる
・ブレイク攻撃で敵を吹き飛ばすとTCが全回復し、
通常攻撃の連携がすべてリセット
・ガードカウンターするとTCが全回復し、
通常攻撃の連携がすべてリセット
・チェイスリンク中は術の詠唱時間が激減し、
発動硬直はチェイスムーブでキャンセルできる
攻撃or詠唱中にリアルタイムでターゲット変更は不可
・□押しながら移動方向を2回入力でステップ、キャンセル不可
・ステップは敵をすり抜ける
・□押しながら下入力でパーティ一斉防御
・チェイスリンク中に光ったキャラアイコンをタッチすると
クロスチェイスし、チェイスリンク時間増加
・チェイスリンク中のブレイク攻撃後に○押しっぱなしで
大ダメージのチェイスフィニッシュ


とりあえず感想は…携帯機3Dテイルズの中では断トツで楽しいです。
瞬間移動やブレイク攻撃によるヒットストップの爽快感、
コンボ中の不確定要素にはガードカウンターもあって楽しめました

基、今もずーっとひたすら雑魚と戦って楽しんでいます。
これは製品版の術技とスキル追加が非常に楽しみです。
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-300.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。