雪の記憶 > 過去ログ (2009年03月分)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです ラタトスクの騎士2周目  (2009/03/31)
私、実はラタトスクを売ってしまってて
今回…再購入して8か月振りにプレイしました。

理由は以前から攻略本とか見てたんですが
またプレイしたくなったからです。
その時には何故売ったのか少し不思議に思ってました。
しかし…1度戦闘をしただけで売った理由がわかりました。
発売日の数日後に書いた自分の記事を見て納得。

ただ…買ってまたすぐに売るのもアレなので
今2周目を始めたところです。
もしもやる気があればまたフリーランなしで、
デクアリをマルタクリアとかシンフォニアキャラでクリアとか
するんでしょうけど、どうなることやら。


そういえばグレードショプの術技引継ぎしたら
キュービストの攻略本に載っていない
第六章のサブイベントでのリヒターの術技が
最初に仲間になるリヒターに引き継がれるんですね。
まとめwikiには書いてあったんですが、
今回見るまで知らなかったので驚きました。
攻略本にはセイントバブルだけは載っているんです。
しかしブラッディハウリング
陰流・己、陽流・庚、陰流・辛、陽流・壬、陰流・癸
…は載っていませんでした。
何故でしょう…ただのミスかな?


とりあえずマルタ操作に飽きるまでは
シナリオをまた進めていこうと思います。
カテゴリ:(Wii版) テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-174.html
ただのティアです テイルズオブリバースのHP回復  (2009/03/20)
マイソロ2でマオを触ったら、TORをしたくなりました。

個人的にテイルズオブリバースは
かなり戦闘を楽しめるシステムだと思います。
そこで昔遊んだけどわからなくて投げた人などに
今度こそリバースを楽しんでもらおうかなと説明を書いてみます。


Q:HPがなかなか回復できなくて、すぐに死ぬ
このゲームは序盤はとっても苦労すると思います。
色々と覚えることも多いでしょうし、グミもやたら高い。
しかしシステムさえ理解できれば、
雑魚戦がとっても楽しい戦闘になります。

まず基本的なHP回復の方法は
ラッシュゲージ(以下RG)を低めにすること、基本中の基本ですね。
そしてその上でアニーの陣術に入ること、少しずつ回復します。

もう1つはフォルスゲージ(以下FG)が満タンの時に術技を使うこと。
これにより術技を使用したキャラクターはHPが少し回復します。
もちろん、これもRGは低めで使うこと。

そして敵を倒すこと。


基本的な回復方法はこのような感じです。


ここからはゲームになれてきたけど、
すぐに死んでしまう人へ向けて。

まずは術技によってそれそれHPの回復量が違うこと。
術技をセットするメニューで、
術技のステータスにHP回復という欄があります。
見当たらないと思ったら□ボタンで情報の切り替えを。
その数字が高いほどHPを多く回復することができます。
よって錬術は見ての通りHP回復力が高いです。
一気に回復したい場合は錬術をセットしましょう。

更に慣れればFGの消費が少ない術技も
回復の候補としてセットしましょう。
錬術と比べれば瞬間回復量は少ないですが、
FG消費が少ない分すぐにFGが満タンになるので
攻撃しながら、ちまちまと回復することができます。

あとはフォルスキューブの効果でヒールの特殊効果を付けたり。


もう1つは作戦の隊列で術技のHP回復量を分配できること。
隊列でキャラ同士が隣接すると、術技を発動したキャラクターと
隣接しているキャラとでHP回復量を分配することができます

2人が隣接していれば100の回復量が発動者75と仲間へ25になります。
3人だと発動者50に2人に25、4人なら全員25となります。
しかし発動者のHPが既に満タンだった場合は、
100の回復量は全て仲間へ分配されることになり、
2人の隣接なら仲間に100、3人なら50、4人なら33となります。

この分配は1人当たりのHP回復量は下がりますが、
1人1人がなかなか戦闘不能になりにくいという効果があります。


それでも死んでしまう時がある方、
またはこれだけやってもHP回復が追い付かない時には
素直にアイテムを使いましょう

ここで使わなければ他に使う時が無いですから、多分。
カテゴリ:テイルズ システム考察
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-173.html
ただのティアです 新パーティメンバーの追加  (2009/03/12)
このところ攻略本を見ながら
パーティに誰を追加するか悩んでいます。
うちのメンバーはやっぱり後衛キャラクターが多いので
前衛がもっと欲しいのですが…いかんせん決まりません。
おかげでユーリとウッドロウとすずはレベルがかなり高いです。
反対にキール、エステル、ティア、ミント、ハロルドの5人は
なかなかレベルを上げることができません。

そこで…新しいメンバーを追加しました。


「アニス」

習得術技の種類:技・術補助蘇生
原作のアニスは前衛タイプだったんですよね。
今作はどっちかと言うと…後衛寄りの中衛なんですよ。
しかし同じ杖使いのティアの攻撃が
ハードで通用していたので使ってみようと思いました。
杖装備なので物理依存の秘奥義は若干残念なんですがね。
因みに、アニスは無理を承知で前衛をして使ってます(


そういえば前々から思っていたことがあるのです。
ちょっとキャラクター別で1人1人の記事を書きたいと
思っているのですが
どのくらいまでやり込んでから書こうか悩んでます。
やっぱり250にして最強装備を整えてからですかね…?
それとも全術技覚えたらくらいで良いんですかね…。
前者だとかなりの時間を費やす上に、
もはや冷めてる可能性もありますからね…。
とりあえず、使用している順番に書いていきますか。
カテゴリ:テイルズ オブ ザ ワールド
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-172.html
ただのティアです マイソロ2の攻略本  (2009/03/11)
img_20090311082347.jpg

えっと…書くのが少し遅れましたが、攻略本を購入しました。

やはりお祭ゲームの攻略本ということで凄まじいボリュームです。
とにかく驚いたのは54人の声優インタビュー。
なんと1人につき1ページ入ってます。(54ページ+α)
とりあえず全員を読みましたが、なかなか面白かったです。

そして…一番に楽しみにしていたキャラクター解析。
やっぱり大体のキャラクターはステータスが一緒なんですね。
もっと細かく分けて欲しかったです。
アニスの体力と攻撃は低かったし、ガイの敏捷も低かったりと
ちょっと原作と違うところも多々。
でもリオンの紙装甲はしっかり再現されてるんですね。
しかし前衛的なキャラクターなのに攻撃・防御が後衛以下って…。
比べるとカノンノのステータスが総合的に一番高かったですね。

やはりマップが一番助かりますね。
あの広いダンジョンをとっととクリアしたい時にとても有効です。
それと鉱石や宝石の生産の項目。
武器や防具にスキルを付加するために色々見ながらやってます。

にしてもハーツの攻略本もそうだったんですが、
カバーが若干短くて表紙が曲がっちゃうのがとても不快です。
なのでカバー外して使っちゃってます。
カテゴリ:テイルズ オブ ザ ワールド
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-171.html
ただのティアです テイルズオブシリーズのシステムについて  (2009/03/06)
テイルズオブシリーズのシステムで
自分が気に入っている部分を書いてみます。
とっても長いので注意してください。
あと少しだけ要望とか入ってます。



■スピリッツポイント(TOD2)・ラッシュゲージ(TOR)
これらは主にただ攻撃だけをするわけではなくて、
ちゃんと防御や術も混ぜなくてはいけないと言うこと。
これにより戦闘がマンネリ化せずに、作業と感じなくなります。
雑魚戦闘でも楽しく思えれば最高ですが、
逆に言えば全ての戦闘に意識を集中しないといけないので
なかなか長時間遊び続けるのは難しくなりますけど。



■SタイプとTタイプ(TOS)
使いやすいから選んだり、モーションやエフェクトが格好いいから選んだりと
同じキャラクターでも人によっては術技が違うので面白いですね。
選ぶのが面倒な人とかどうでも良い人にも、
自然にどちらかは勝手に覚えるので大丈夫ですよね。
若干使い回しも利くので作る方も楽でしょうし(?



■キャラクターにスキルを付加する(TOS・TOS-R・TOV)
これもプレイする人によっては好みでガラリと変わるシステム。
ただこれは自然に覚えても自分でセットしないといけない場合があるので
人によっては面倒くさいとかがでてきてしまうんですよね。
なのでこれは強制的にシナリオ上で説明されるのではなく、
たまたまメニュー上で見つけて説明受けるくらいが良いと思います。

私は、こうゆう限られた中で何と何を選択するかって言うのが大好きなので
TOSみたいな4個制限とかS-RやVのようなスキルポイントが
決まってるとかの方がとっても面白いと思いますね。
ですので、何の制限もないTOAのADスキルは好きじゃないです。
あ、あと…スキルを全部試してみたい人には大変でしょうから
そこまで多くない方が良いと思いますね。



■武器や防具を装備して術技の変更や追加(R-TOD・TOS-R)
リメイクのTODで篭手を装備した時に技が変化するとか
そうゆうのがありました。
そしてTOS-Rでは武器に一部だけですけど
ファイアボールやストーンブラストが確立発動というものがありました。
こうゆうのは自分ではかなり面白いと思うのですが、
少し惜しいと思っていました。

…何が惜しいのかと言いますと、
ある武器や防具を装備時限定の専用術技ってのが欲しかったのです。
今までのRPGとかって武器や防具なんて数値が高いものだけを
装備し続けていくばかりだったじゃないですか。
しかしこうゆう術技という操作にかなり関係しそうなものを
装備品に付加しておけば、例え少しくらい攻撃力や防御力が低くても
「この武器や防具を使い続けたい」って気持ちが出てくると思うのです。
まぁ…それでも序盤の装備はステータスの補正がかなり低いので、
例え効果が付いていても後半の防具の方が優先されると思いますが。
なのでシナリオが中盤の当たりくらいから術技付きの装備が出てくると
装備を選ぶ楽しみが出てきて楽しめるかなと思うのですが。
店売りの装備は術技が付いていないステータス補正が高めものにして、
敵が落とす装備には補正が低めで術技付きというのも面白いかなと。


要望っていうのは結局、バランスを考えて欲しい
または作り込んで欲しいってことでしょうかね。
カテゴリ:テイルズ システム考察
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-170.html
ただのティアです マイソロ2のスロット機能  (2009/03/03)
今ティアで初めてスロット2まで登録して使ってみたのですが、
スロット機能自体は便利なんでしょうね。
…が、ボタンの入力はスロット1、2、3全て同じなので
なかなか頭にパッと浮かびにくいです。
私は操作キャラをコロコロ変更するので覚えるのに若干時間がかかります。

やってて思ったのは今がスロット1なのか2なのか3なのかわからないこと。
ティアはただでさえ戦闘で忙しいキャラクターですし
いちいち今のスロットは何だったかなんて常に意識してられません。
ましてやボタン押すたびにコロコロ変わるのは尚更。

そこで確認しようとLボタン押すと次のスロットに変更されちゃいます…。
できれば左上にずっと『スロット○』と表示し続けて欲しかったです。
スロット1しか使ってない場合は消えてもらってても結構ですけど。

しかし4つ以上の術技をメニューを開かずに使えるのは結構助かるので、
もしも使用する時は
・スロット1に普段使いそうな攻撃・回復の術技をセットする
・スロット2、3には特別時のみ使う術技をセットする(例:補助や蘇生効果
・そして2と3を使った後はすぐにスロット1に戻す


別に2だけ使うのも良いですし、2でも4つ全てセットする必要もないです。
覚えれる限りの術技だけをセットしましょう。
このように使えば上記の仕様でも少しはマシにはなると思います。
カテゴリ:テイルズ システム考察
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-169.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。