雪の記憶 > 過去ログ (2009年10月分)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです VS アンノウン六神将 3  (2009/10/27)
皆様どうも長らくお待たせしました。
なんて、待ってる人なんていないと思いますけど。

それにしても1年以上振りに再開ですよ、
時が経つのは早いですね。

とりあえずフォルストレの育成データを
レベル80までレベル上げしました。
目標はアンノウンのロニール雪山の六神将をガイ単独撃破。
フリーランやグローリー、その他のスキルを禁止にして。

前回のデータはレベル90でHPが5700程だったのに対し、
今回のデータはレベル80でHPが4700…1000も違います。
加えて防御力は前回とほぼ変わっていないのですから、
ネガティブゲイトは即死…でしょうね。
ただリミテッドだけは耐えれましたが、当然虫の息でした。

無理ゲー
リミテッドのダメージ:2ヒットで4656
しかし前回に比べレベル10差にしては最大HPの差がありすぎますね。
もしや前回は気づかずライフアップでも使っていたのでしょうか。




久しぶりですが、今回も色々と書いてみます。

戦闘フィールドの枠が表示されない

死ぬ原因の1つである画面端の見えない壁。
ヴェスペリア…いぇ、マイソロから導入されたフィールド枠の表示。
これにより今以上後ろには下がれないことを知らせてくれます。
一応「ハイターン」を所持しているものの、
追いかけられていてる状況で壁に当たり進めないと判断した瞬間には
敵達はもう目の前に来ています。
その時はジャンプするしかないのですが、判断が遅いと死亡してしまいます。
ただこれは今まで無くても出来てたんですから、
あまり問題ではないのですがね。

リミテッドの時間差攻撃

前の挑戦、レプリカ六神将では使用してこなかったリミテッド。
これがなかなか厄介な術で、
大抵術というのは今現在キャラクターが居る位置の下から
術式が発動してそこからその場で展開を始めるのですが、
このリミテッドは攻撃の発動ギリギリまでサーチしてくるんですよね。
これにより安心する暇はありません。
普段の私の避け方は目の前から走ってくる敵を飛び越えて
術と一緒に避けるのですが、リミテッドでこの避け方をすると
大体着地して硬直しているところに振ってくるので、
ダメージを受けてしまいます。
つまりリミテッドを避けるときはなるべくライン移動での回避
心がけなくてはいけません。

しかしライン移動でリミテッドを回避しようとすると、
その分リグレットやラルゴの攻撃を受けやすくなってしまいます。
目の前から敵が向かってくるところをラインで回避しようとすると
攻撃してくる範囲に入ってから通り過ぎるまでの時間が長くなり
攻撃をモロに受けてしまうので、なるべくライン回避の時は
敵が90度あたりから攻めてくるような角度で走らないといけない
ようです。
もしくはリミテッドの発動時間を覚えれば、
ジャンプ回避する前にちょっと後退すれば発動する場所を調節できるかも?


うーむ…やはりレベル90は必要ですかね、しかしHPの問題のような気も。
カテゴリ:(PS2版)テイルズ オブ ジ アビス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-220.html
ただのティアです テイルズオブバーサス チーム戦  (2009/10/25)
私は今までほとんど1ライフシングルや
3ライフシングルしかやっていなかったんですが、
今回かなり久しぶりに3ライフチームをさせて頂きました。

そうしたら意外に結構楽しかったんですよ。

当然、普通に戦って負け続けてたら楽しくないのですが
途中でたまたまパートナーが術者だったんです。
そこで詠唱中のパートナーに飛んでくる飛び道具や攻撃を
私がパートナーの前に出てガードしてあげたり

パートナーがコンボ決められてたり敵に近づかれている時に
私が相手を吹き飛ばしたり
していると、
まさにチームワークで戦っている感じがしました。

途中からはパートナーを守ることに楽しさを感じていたので、
勝敗はあまり気になりませんでしたね、負けても楽しかったです。



テイルズオブバーサス

チームワークの楽しさを知る対戦アクション





あ、もちろんシングル戦は今まで通りガンガンやっていきますよ。
しかしたまにはチーム戦も全然悪くないですね、普通に面白いですよ。

オーバーリミッツクロスも使いこなしたほうが良いんですかね。
ただオーバーリミッツクロスは一気に戦況が大きく変わり過ぎるのが
あんまり好きじゃないんですよねぇ…。
カテゴリ:テイルズ オブ バーサス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-219.html
ただのティアです テイルズ オブ マイシャッフル レベルアップルート  (2009/10/22)
レベルアップができるようになったので、ちょっと作ってみました。
10/24、少しだけ見やすくしました

説明
(1~4):第1弾~第4弾
(P):プロモーションカード
(TOF):テイルズオブファンダム vol.2限定カード
(B):コレクションボックス限定カード


クレス:☆1(1)→☆3(1・3)→☆5(1・4)
ミント:☆3(1)→☆5(1)→☆6(3)
チェスタ:☆1(4)→☆2(1)→☆4(1・4)
アーチェ:☆2(1)→☆3(3・4)→☆5(1)
クラース:☆2(1)→☆5(1・3)
すず:☆2(1)→☆4(1・4)
モリスン:☆4(3)
ダオス:☆7(3)
アミィ:☆2(3)

スタン:☆1(2)→☆3(2)→☆5(2・4)
ルーティ:☆2(2)→☆4(2・4)
リオン:☆4(2・4・P)→☆6(2)
フィリア:☆2(2)→☆4(2)
ウッドロウ:☆3(2)→☆5(2)
マリー:☆1(2)→☆2(2)
チェルシー:☆2(2)→☆4(2)
ジョニー:☆3(2)→☆5(2)
コングマン:☆2(2)→☆4(2)
リリス:☆3(2)→☆5(2)

リッド:☆1(2)→☆3(2)→☆5(2)
ファラ:☆1(2)→☆3(2)→☆5(2)
キール:☆2(2)→☆4(2)
メルディ:☆2(2)→☆4(2)
フォッグ:☆3(2)→☆5(2)
チャット:☆3(2)→☆5(2)
レイシス:☆4(2)→☆6(2)

カイル:☆5(4)
リアラ:☆3(4)
ロニ:☆1(4)
ジューダス:☆6(4)
ナナリー:☆4(4)
ハロルド:☆2(4)
バルバトス:☆7(4)

ロイド:☆1(1)→☆3(1・3)→☆5(1・5)
コレット:☆1(1)→☆3(1・4)→☆4(P)→☆5(1)
ジーアニス:☆2(1)→☆4(3)
リフィル:☆5(1・3)
クラトス:☆5(1・4)→☆6(3)
しいな:☆2(TOF)→☆3(3)→☆5(1)
ゼロス:☆2(1)→☆4(3・4・P)
プレセア:☆2(1・4)→☆3(3・P)→☆4(1)
リーガル:☆3(1)→☆5(3)
ミトス:☆7(3)
ユグドラシル:☆7(3)

ヴェイグ:☆5(4)
クレア:☆1(4)
ユージーン:☆4(4)
マオ:☆2(4)
アニー:☆3(4)

ルーク:☆1(1)→☆2(4)→☆3(1・P)→☆5(1・3)
ティア:☆1(1)→☆3(TOF・1・3)→☆4(4)
ジェイド:☆4(1・3)→☆5(4・P)→☆6(1)
アニス:☆3(1・3・4)→☆4(1)
ガイ:☆2(TOF・4)→☆4(1・3)
ナタリア:☆3(TOF)→☆5(1・3)
ヴァン:☆7(3)
アッシュ:☆3(1・P)→☆4(4)→☆5(TOF)
リグレット:☆3(3)
アリエッタ:☆2(3)
ディスト:☆3(3)
シンク:☆4(3)
ラルゴ:☆5(3)
イオン:☆6(3)
ピオニー:☆3(3)
トクナガ:☆2(3)

ルカ:☆1(2)→☆5(2)
イリア:☆2(2)→☆4(2)
スパーダ:☆2(2)→☆4(2)
リカルド:☆3(2)→☆4(2)
エルマーナ:☆2(2)→☆3(2)
アンジュ:☆3(2)→☆5(2)

エミル:☆1(3)
マルタ:☆3(3)
リヒター:☆4(3)→☆5(4)

ユーリ:☆1(B)→☆5(4・B)
エステル:☆3(4)→☆4(B)
ラピード:☆2(B)→☆4(4)
リタ:☆2(B)→☆4(B)
カロル:☆3(B)
レイヴン:☆3(B)→☆5(B)
ジュディス:☆1(B)→☆4(4)
パティ:☆2(4)→☆3(B)
フレン:☆2(B)→☆3(B)→☆5(4)
ナン:☆2(B)
ティソン:☆4(B)
イエガー:☆5(B)
ゴーシュ・ドロワット:☆2(B)
デューク:☆5(B)
ヒスカ・シャスティル:☆2(B)

シング:☆5(4)
コハク:☆3(4)
ヒスイ:☆4(4)
イネス:☆2(4)
ベリル:☆1(4)
クンツァイト:☆6(4)

アスベル:☆5(4)
カテゴリ:テイルズ オブ マイシャッフル
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-218.html
ただのティアです テイルズ オブ マイシャッフル 新弾について  (2009/10/21)
091021_1830~01

カードリストは過去ログに書きました。

なので感想とか書きます。

今回は第4弾なのでしょうかね、表記はありませんが。
しかしアッシュのカードの効果に第3弾の
『ヴァン・グランツ』という文字がありましたので、
全くなかったことにはしていないようですね。

少しルールが変わったところは
ゲームの準備時に先攻は6枚のカードをドローしますが、
後攻の人は7枚のカードをドローすることになってます。

それとイベントカードが1度に何枚も使用可能になってます。



そして今回は新しい要素があります。
共通の効果性格レベルアップ

共通の効果とは…
〔コンボ:?〕自分の場にいるキャラクターが使用したバトルカードを、
指定数まで捨て札にせず手札に戻すことができる。

〔スキット:?〕自分か相手がイベントカードを使用した時、
1ターンに1回だけ自分は指定数をドローできる。

〔料理:?〕自分のターン終了時、
自分の山札の上から指定数を捨て札にすることができる。
その中にキャラクターカードがある場合、1枚につき自分のTPを+1。
このキャラクターと同じランクの場合、さらに自分のTP+1。

〔ディスカバリー:?〕自分の山札の上から指定数を引き、
その中の消費TPが指定数以下のイベントカードを1枚、
TPの消費を0として使用できる。
使用しなかったカードは山札の下に戻す。(順番は自由に変えてよい)

これらは全キャラ効果が全く同じです。
しかし後ろの?に数字が入るのですが、その数字が違います。
説明文の指定数というのはそれぞれの文字後ろの数字だと思われます。
例)〔料理:2〕だった場合の指定数というのは2



そして性格…種類は
《熱血》《皮肉屋》《元気》《真面目》《真面目&元気》
《冷静》《傲慢》《おっとり》《きまぐれ》《謎》の10種類でした。
ただ性格は特に重要というものではないようです。



最後にレベルアップ。
こちらのルールには結構ビックリしました。
このレベルアップ…場のキャラクターカードと同名のカードは、
参戦ルールには従うのですが何枚でも重ねることができるんです。
そしてレベルアップで重ねた枚数は攻撃力が枚数分アップできます。

例)ユーリのランク☆1を最初に場に出している状態で、
参戦フェイズに☆4までのキャラクターカードを順番に3枚場に出します。
そこで手札に☆5のユーリがあるのなら、場には☆が4まで出ているので
☆5のユーリを☆1のユーリに重ねてレベルアップさせることが可能です。
更に場の☆2~4のキャラで☆6の同名のカードが手札にあれば、
ユーリと同じようにレベルアップが可能なわけです。


レベルアップさせるのに注意することは
・場に出ているランク+1以下なこと
・下にあるカードの全ての効果は無効なこと
・レベルアップで出したカードの【プレイ】は発動できること
・上記の条件ならば何枚でも重ねることが可能



とりあえず追加された要素はこのくらいでしょうか。


ただ少し残念な点は、ほとんどのカードに効果が備わっていて、
その効果の数はキャラクターカード1枚につき1~2個、
多いものには3個もあるので毎回ぞれぞれのフェイズで
効果を確認するのが非常に面倒くさい
ことです。
カテゴリ:テイルズ オブ マイシャッフル
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-217.html
ただのティアです テイルズ オブ マイシャッフル ドリームエディション・コレクションパック カードリスト  (2009/10/21)
091022_0137~01

タイトルが長い…早速購入してきました。
感想や追加要素があるのですが後から書きます、まずはリストから。

橙色:レア
黄緑:スーパーレア
赤色:ウルトラレア
●:ドリームエディションだけの書き下ろし

■キャラクターカード

NO.001 クレス・アルベイン ☆5 功8 剣士系(熱血)
NO.002 チェスター・バークライト ☆1 攻3 弓使い系(皮肉屋)
NO.003 アーチェ・クライン ☆3 攻4 魔法士系(元気)
NO.004 藤林すず ☆4 功5 忍者系(真面目)
NO.005 スタン・エルロン ☆5 功7 Sマスター系(熱血)
NO.006 ルーティ・カトレット ☆4 功5 Sマスター系(元気)
●NO.007 リオン・マグナス ☆4 攻6 Sマスター系(皮肉屋)
NO.008 カイル・ディナミス ☆5 功7 剣士系(元気)
NO.009 リアラ ☆3 功3 僧侶系(真面目)
NO.010 ロニ・ジュナミス ☆1 攻4 斧使い系(熱血)
NO.011 ジューダス ☆6 攻7 剣士系(冷静)
NO.012 ナナリー ☆4 功5 弓使い系(冷静)
NO.013 ハロルド・ベリセリオス ☆2 功3 魔法士系(傲慢)
NO.014 バルバトス・ゲーティア ☆7 攻9 斧使い系(傲慢)
NO.015 ロイド・アーヴィング ☆5 攻7 剣士系(熱血)
NO.016 コレット・ブルーネル ☆3 功3 僧侶系(おっとり)
NO.017 クラトス・アウリオン ☆6 功8 剣士系(冷静)
NO.018 ゼロス・ワイルダー ☆4 功6 剣士系(きまぐれ)
NO.019 プレセア・コンバティール ☆2 功5 斧使い系(冷静)
NO.020 ヴェイグ・リュングベル ☆5 功6 剣士系(真面目)
NO.021 クレア・ベネット ☆1 功3 幼馴染系(真面目)
NO.022 ユージーン・ガラルド ☆4 功5 槍使い(冷静)
NO.023 マオ ☆2 功3 魔法士系(元気)
NO.024 アニー・バース ☆3 功3 僧侶系(真面目)
NO.025 ルーク・フォン・ファブレ ☆2 功5 剣士系(傲慢)
NO.026 ティア・グランツ ☆4 功4 僧侶系(真面目)
NO.027 ジェイド・カーティス ☆5 功4 魔法士系(皮肉屋)
NO.028 アニス・タトリン ☆3 功5 格闘系(元気)
NO.029 ガイ・セシル ☆2 功4 剣士系(真面目)
NO.030 アッシュ ☆4 功6 剣士系(傲慢)
NO.031 リヒター・アーベント ☆5 功9 剣士系(皮肉屋)
NO.032 ユーリ・ローウェル ☆5 功7 剣士系(皮肉屋)
●NO.033 エステル ☆3 功3 僧侶系(おっとり)
NO.034 ラピード ☆4 功6 獣系(きまぐれ)
NO.035 ジュディス ☆1 功4 槍使い(冷静)
NO.036 パティ・フルール ☆2 功4 盗賊系(元気)
●NO.037 フレン・シーフォ ☆5 功7 剣士系(真面目)
NO.038 シング・メテオライト ☆5 功6 剣士系(熱血)
●NO.039 コハク・ハーツ ☆3 功5 格闘系(元気)
NO.040 ヒスイ・ハーツ ☆4 功3 弓使い系(熱血)
NO.041 イネス・ローレンツ ☆2 功5 剣士系(元気)
NO.042 ベリル・ベニト ☆1 功4 芸術家系(元気)
NO.043 クンツァイト ☆6 功7 機械系(冷静)
NO.044 アスベル・ラント ☆5 功7 剣士系(真面目) 

■バトルカード

NO.045 魔神煉獄殺 TP5 功+5 リオン専用
NO.046 斬空天翔剣 TP2 功+5 カイル専用
NO.047 絞牙鳴衝斬 TP5 功+8 アッシュ専用
NO.048 漸毅狼影陣 TP3 攻+4 ユーリ専用
NO.049 一閃 TP0 功+1 剣士専用
NO.050 スマイルアタック TP1 攻撃+4 元気専用
NO.051 粉砕 TP1 功+2 全員
NO.052 詠唱のリズム TP0 功+2 魔法士系
NO.053 不敵な笑み TP1 功+2 全員
NO.054 祈り TP0 功+2 全員
NO.055 全力 TP3 攻+5 全員

■イベントカード

NO.056 解き放つ運命 TP5 TOD2専用
NO.057 再誕 TP0 TOR専用
NO.058 出会う心 TP1 TOH専用 
NO.059 ダークヒーロー TP1 TOV専用
NO.060 ソーディアンマスター TP2 全員
NO.061 テーブルマナー TP0 全員
NO.062 アイテムなぞ使ってんじゃねぇ! TP2 全員
NO.063 余裕ある剣さばき TP1 全員
NO.064 真実を求める姫君 TP1 全員
カテゴリ:テイルズ オブ マイシャッフル
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-216.html
ただのティアです テイルズ オブ バーサスのアドパの現状  (2009/10/18)
ゲームサーチで引っかかるのは大体1~2部屋程度。
多くて3~4部屋くらいでしょうか。
そしてほとんどの部屋がエスケープ禁止
次に多いのがスペルキープ、スーパーアーマー、回復の禁止
次いで墜陽閃、メタルボディの禁止で部屋によってはハメも禁止

私は大体20時~24時にかけて部屋を立てています
(時空の狭間、シングルマッチ、アイテムなし、
回復はスキルと守護方陣のみ、エスケープ禁止)


●シングル戦でよく見かけるキャラクターと術技
ミント、アーチェ、フィリア、ユージーン、アニスは
ほとんど見ないので書いてません

特に浮かばなかったものには?付けてます、ごめんなさい。
ファーストエイド等の治癒術は禁止されていることが多く、あまり見ません。

■クレス・アルベイン
【多】虎牙破斬、襲爪閃空破、鳳凰天翔脚
【中】次元斬、魔神双破斬、鳳凰天駆、空間翔転移
集気法は禁止されてることが多く、あまり見ない

■チェスター・バークライト
【多】凍牙、轟天、鷲羽、屠龍
【中】衝波

■ダオス
【多】テトラアサルト、ダオスコレダー、ミリオンアサルト
【中】ダオスレーザー、テトラスペル

■スタン・エルロン
【多】魔神剣、爪竜連牙斬、魔王炎撃破
【中】虎牙破斬、翔凰烈火、鳳凰天駆

■リオン・マグナス
【多】虎牙破斬、空襲剣、魔人闇
【中】崩龍斬光剣、臥竜滅破、幻影刃

■マイティ・コングマン
【多】イカスヒップ、クラッシュアース、マッスルヒート
【中】ロンブショルダー
メタルボディは禁止が多いためセットしてる人はあまり見ない

■ファラ・エルステッド
【多】鷹爪落瀑蹴、双撞掌底破
【中】鷹爪襲撃、連牙弾、臥龍空破、散華猛襲脚

■カイル・デュナミス
【多】蒼破刃、蒼破追蓮、牙連蒼破刃、ウインドスラッシュ
【中】屠龍連撃破、空破絶風撃

■ナナリー・フレッチ
【多】扇氷閃、虚空閃、ウインドスラッシュ
【中】牙連閃、龍炎閃
墜陽閃は禁止が多いためセットしてる人はあまり見ない

■ハロルド・ベルセリオス
【多】クラッシュガスト、シャドウエッジ
【中】イービルスフィア

■バルバトス・ゲーティア
【多】イビルチャージ、漢の振り上げ、ジェノサイドブレイバー
【中】トランプル、イービルスフィア

■ロイド・アーヴィング
【多】魔神剣、魔神剣・双牙、魔神連牙斬、飛天翔駆
【中】虎牙連斬、獅吼旋破

■コレット・ブルーネル
【多】パラライボール、パラライパルティータ、スターダスト・クロス
【中】レイトラスト、リミュエレイヤー、エンジェルフェザー

■クラトス・アウリオン
【多】魔神剣、雷神剣、風雷神剣
【中】紅蓮剣、守護方陣、エアスラスト

■プレセア・コンバティール
【多】爆砕斬、爆壊連舞、連牙爆砕迅、狐月閃
【中】翔舞烈月華、裂旋斧、双旋連斧、空旋連転斧

■セネル・クーリッジ
【多】魔神拳、剛招来、魔神幻竜拳、魔神拳・竜牙
【中】幻竜拳、投げ

■ルーク・フォン・ファブレ
【多】剛招来、崩蹴脚、通牙連破斬
【中】牙連崩襲顎、飛燕瞬連斬

■ティア・グランツ
【多】ノクターナルライト、セヴァードフェイト
【中】ピコハン、インリーノクターン

■ジェイド・カーティス
【多】???
【中】天雷槍、岩砕烈迅槍、タービュランス
指差し棒があって物理と術のどちらもこなせるため

■アッシュ
【多】崩蹴脚、雷神剣、通牙連破斬、魔王地顎陣、魔王絶炎煌
【中】岩斬滅砕陣

■カイウス・クオールズ
【多】魔神剣、魔神剣・双牙、魔神連牙斬、飛天翔駆
【中】???

■ルカ・ミルダ
【多】熱波旋風陣、鳳凰天翔駆
【中】魔神剣、剛招来、狐月閃、火炎裂空、鳳凰天駆
集気法は禁止されてることが多く、あまり見ない

■イリア・アニーミ
【多】アクアレイザー、アクアスパイラル
【中】アサルトバレット、フリーズバレット、ピコハン、タイダルウェイブ

■リヒター・アーベント
【多】陽流・庚、陰流・己、陰流・癸
【中】陰流・丁、タイダルウェイブ

■ユーリ・ローウェル
【多】蒼破刃、幻狼斬、爆砕陣、蒼破牙狼撃
【中】断空牙

■リタ
【多】アイヴィーラッシュ、デモンズランス、タイダルウェイブ
【中】(δ/χ)λ=ι

■ジュディス
【多】如月、円月・鳶、月牙・鷹、月破墜迅脚
【中】???

■シング・メテオライト
【多】地砕衝、翔星刃、空裂閃、獣哮雷波
【中】???

■コハク・ハーツ
【多】紅蓮皇輪
【中】鳳凰天駆、紅雅曝炎舞、フレアボム、エアスラスト



全てあくまで主観です
カテゴリ:テイルズ オブ バーサス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-215.html
ただのティアです 久しぶりにテイルズ オブ ジ アビス  (2009/10/12)


この動画を観ていたら、急にジアビスのモチベが上がりました。
やはり単騎で複数のボスを倒すのは楽しいです。

思えばジアビスはどれも攻撃力不足でどうしても長期戦になるので
ちょっと時間短縮のためにフォルストレで育成し直してたんですよ。
フォルストレは攻撃しか上がらず防御はそのままなので立ち回りは一緒

今回は久しぶりにそのデータを進めていました。
まだ全然進んでないんですよ…。
今はタルタロスの上でシンクと戦う手前までいってます。
なので…もう少しすれば例のロニール雪山です。

そこはCコア補正なしでもアンノウンで少しダメージが通ったので
フォルストレ育成でもう一度挑戦しようと思っています。
毎度の事ながら、もちろんフリーランは禁止で。



これが以前アンノウン六神将にCコア補正なしで挑戦した動画です。
何気に前回の挑戦から1年以上も経ってたようで。
本当はもっとこうゆう動画を増やしていきたいんですけどね。
いかんせんジアビスはイベントをスキップできない上に移動が多くて
シナリオが無駄に長いので、やる気がなかなか出ない
んですよね…。
カテゴリ:(PS2版)テイルズ オブ ジ アビス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-214.html
ただのティアです テイルズ オブ グレイセスの通常攻撃について  (2009/10/05)


東京ゲームショウでグレイセスの戦闘シーン動画が公開されましたね。
サラッと観た感じはとてつもなく楽しみです。


早速数回ほど動画を見てみた感想ですが、

今回は従来のようなA(○)ボタンの通常攻撃に
様々な名称をつけられている
ようですね。
通常攻撃というのは今まで2、3回ともひたすら斬りや殴りだけでした。
それらを物理攻撃として様々名称や性能を分けて増やすことにより、
技をたくさんつなげている感じを出している
気がします。
これはとても嬉しいシステムかもしれませんね。
従来までは術と技を使って戦おうと思ったら
両方を術技ボタンにセットしないといけませんでした

そのおかげで術も技も見た感じ単調な戦い方になってしまいました。
なので、こういったような通常攻撃が既に技の役割をしているのは
技も術も使えるキャラにはセット数の面でとても助かる
わけです。

しかしこれで思うのは、従来のシリーズと同じく
どの方向キーの攻撃ルートからでも全ての連携がつながってしまうのか

…ということ。

例えばAボタンの連携の3回目でこの方向キーを使えば
相手をダウンさせる効果を持つ攻撃が出せる
…というようなものや、
相手を遠くに吹き飛ばせる効果を持つ攻撃が出せるなどなど。

つまり全てのAボタン攻撃が相手を仰け反らせるだけで
どの方向キーの攻撃からも4回の連携がつながってしまうのは
ちょっと面白みがないかも
と思うわけです。
ただそうしてしまうと多少ルートが狭まってしまい
連携がやや単調になってしまう恐れがあるのですが、
術使いのキャラクターや物理防御が低いキャラクターは
相手と距離を取る通常攻撃も必要
だと思うのです。
例えば…通常攻撃を連携してる途中で状況が変わってしまい
今は相手を突き飛ばしたほうが良いと思う時もあると思います。
その時に方向キーを使って、普通に仰け反らせるだけの通常攻撃とは
少し違った効果のある通常攻撃を
状況に応じて使えるのも面白い
かなと思いました。

アスベルには術が無いのでそうゆう攻撃は術技で使えるかも知れませんが、
術技ボタンに術しかないセットできないキャラクターは
通常攻撃にちょっとそうゆうような効果をつけて欲しい
ですね。
カテゴリ:(Wii版)テイルズ オブ グレイセス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-213.html
ただのティアです ヴェスペリアのドリームマッチについて  (2009/10/04)
はーど

早速団体戦に難易度を上げて挑戦してきました。
いきなりハードにしたんですが、ハードで丁度良いですね。
アンノウンはこれ以上って…バランス大丈夫なんでしょうか。
レベル200なのにハードでも普通に死んだりしてます。
リタの秘奥義とか6000くらいダメージ受けますし。
なので単騎クリアするならハードですね…まぁ、地獄でしょうが。

そういえばハードでやってたらルブランがトリートを使用してきました。
アイテムを使ってきたのでドリームマッチもかなり期待してたんですよ。
そしたらエステルが死んでも誰もライフボトルを
使ってこなかった
んで、かなりガッカリしました。
っていうか…どうしてドリームマッチも制限時間内に入ってるんでしょうね。
ダオス・シゼル・バルバトス・クラトスを団体戦の最後にして、
ドリームマッチはエキシビジョンマッチとして時間無制限が良かったです。
でもそもそも30人斬り以外ランキングに載らないわけですから
50人斬り以上は制限時間なんて必要ないと思うのですが…。
普通にハードで団体戦してたら結構時間がギリギリでした。
もっと長くドリームマッチを楽しみたかったですよ。

アンノウンって魔装備が前提の難易度なのでしょうか。
というか…ドーピング前提の難易度?
何というか…いかにも敵達と鬼ごっこばかりしそうな難易度ですね。
私はフリーランを使わないのでアンノウンは無理そうです。

とりあえずハードで単騎クリアが実際にできるのかどうか試してみます。
まずは3人で挑戦していって、だんだん減らしていく形にしますか。
カテゴリ:(PS3版)テイルズ オブ ヴェスペリア
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-212.html
ただのティアです ヴェスペリア 団体戦ドリームマッチ  (2009/10/03)
200.jpg

3周目で経験値10倍にしてやっとレベルがカンストしました。
とにかく闘技場の団体戦の最高ランクに挑みまくる日々でした。
そう、あの団体戦なんですよ。
ダオス・シゼル・バルバトス・クラトスのアレ。
そしてパーティ外のキャラと対峙できるアレ。

いやもうなんか超楽しいですよ。

まず行動が従来と比べて分けが違います。
今まではそうですね…。
シンフォニアのメルディはHPが半分になれば
ナースを1度だけ使ってきた
んですよ。
そしてジアビスのミント。
彼女もHPが減ってくるとリザレクションやレイズデッドを使ってきました。
…と、このように従来のシリーズの闘技場エキシビジョンマッチは
本人のHPが減らないと治癒術を使ってこなかった
んですよね。
しかし今回のヴェスペリアがわけが違います。

主に回復術技を使うキャラクターの話になるのですが、
とにかく味方のHPが減ってくると
自分の残りHP関係なく回復術技を多用するようになっています

歴代史上とんでもない敵キャラクター達です。
と言っても普段パーティにいる仲間のAI並みなんですけどね。
今まででは敵として出てくるキャラクターの
回復術技の使用頻は低めでしたから。

とりあえずレベル上げるために
難易度はイージーでやってきたのですが、
これからだんだん難易度を上げていくつもりです。
できればハードかアンノウンくらいで
敵の方もアイテムとか使ってくれると嬉しいんですけどね。
そうゆうこと考えてると、ヴェスペリアのパーティって
蘇生がエステルしか居ない
んですよね…?
そこが相手しててちょっと残念かなと思いました。
その点シンフォニアとジアビスの闘技場はライフボトル使ってきますから。
ヴェスペリアではエステルさえ倒せば敵が復活しない戦いになりそうです。
ただ倒すまでが一苦労なのですがね…。

そういえば先ほど
敵パティにクリティカルモーメントの効果で一瞬で全滅
にさせられました。
真っ先に狙うのはエステルよりパティかも知れませんね。
カテゴリ:(PS3版)テイルズ オブ ヴェスペリア
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-211.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。