雪の記憶 > 過去ログ (2014年06月分)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです 一番くじ テイルズオブシリーズ 3  (2014/06/17)
雪野です、今回もやってしまいました。
前回に引き続き…ちびきゅんキャラ目当てですよ。
しかし前回から8ヶ月ほど経ってたんですね、驚きです。

ボケボケ撮影

今回購入した理由は…正直造形ではありませんでした。
公式の画像を見て、前回のような綺麗可愛さは無いなと、
正直…そう思ってました、実際期待は全くしてませんでした。
では何故か…ティアが、ティアがいました。
ティアが居たので購入を決意しました。
それと、もう1つの理由は…下に書きます。

別に私はキャラクターの性格でティアが好きなわけではないです。
まあ嫌いというわけでもありませんが。

ティアは術使用キャラクターなのに非常に足が速いんですよ。
そして回復・蘇生・補助もできて技も使える、まさに万能キャラ
当時は衝撃を受けてしまって…ずっとティア使ってましたね。
単独挑戦はガイばっかりなんですけど、普通に遊ぶ時はティアです。
フェアリーサークルをFOF変化で使えるのも魅力でした。
攻防一体の術なんですよ…シンフォニアでは秘奥義でしたね。
ジアビスでは好きなだけバンバン使えます。
フリーターゲットで敵にフェアリーサークルを置くだけで、
味方も敵を攻撃するため陣の中で回復できますし、
その後で攻撃判定も出てくるから敵にもダメージ…最高の術です。

あと今回はティアで購入したんですが、同じように
術使用キャラクターで足が速いのはまだいますね。
マルタとコハクです、まあルーティも入るんですかね。
マルタはきゅんキャラとしてユニゾナントに入ってましたね、
可愛いと思わなかったので買いませんでしたが。
後はソフィも…ですかね、ソフィはねんどろいどになってましたね。
でもソフィはグレイセスでは全く使いませんでした
どうしてでしょう…単体回復が多かったからですかね。
正直よくわかりません…とりあえずマルタとコハクは好きです。

もっと話したいですが、こういう話は別の機会にしましょう。
今はちびきゅんキャラの話ですね。
と言ってもあとはメルディしかいませんが…そうなんですよ。
メルディは公式の画像では非常に可愛くなかった…と思ってました。
いやだって口がかなり下にあって、顔のパーツのバランス変だなとか
ずっと思ってたんですよ…そして実際に見てみたら…可愛かった
可愛かったです…というかバランスが綺麗でした、顔綺麗でした。
ちゃんと公式の画像と見比べたんですが、
やはり公式の画像にあるメルディは別人としか思えません。

さて、では理由や感想はこのあたりにして…やりたかったことやります

3D隊列

はい!!!

コレがやりたかったんです…何故かって4人揃ったから。
女性のキャラクターが4人揃ったから。
テイルズオブシリーズでフィギュアが4人以上になったらやるでしょ!
こういうの絶対にやるでしょう!

作戦の隊列設定遊びですよ!
結局テイルズオブシリーズの戦闘関連になるんですかね、コレは。

とりあえず前回のミラとリタ、そして今回のティアとメルディです。
ちょっと…全員術キャラじゃないですか、と。
ですが技を覚えてるキャラクターが4人中3人もいます。
よって偏ってはいますが…なんとかできそうかなとも思います。
そう考えて作った隊列が上の画像のようになったわけですよ。
ヴェスペリア仕様ですね…円の半分を使っての隊列設定。

何が素晴らしいかと言いますと、マイソロと違い自キャラが居ないんですよ。
完全にパーティ全てがテイルズオブシリーズのキャラクターであります。
まあ隊列理由は皆さんと大して差は無いと思います。
ミラは魔技や技が多いので前衛ですね。
ティアとリタは正直どっちでも良いと思います。
ただメルディと違って技を多少なりとも習得していますので、
中衛辺りでは無いでしょうか…メルディは完全後衛ですね。
なんの捻りも無い…何の捻りもないのに、
このような長文の記事を書いてしまいました。
しかし、しかし…この隊列設定遊びはずっとやりたかったんです。


叶いました、ただ攻撃モーションでは無いですが。
まあ…ティアは譜歌を歌ってるように見えますね。
メルディは完全にクイッキーと遊んでいます。
ミラとリタは余裕そうな感じですね、頼もしい限りです。

最初にティアだから買ったと言いましたが、隊列もやりたかったんです。
だからメルディも一緒にしました…そしたら思ったより綺麗でした。
それだけの事だったんです、今とても幸せです。

さて…では今回はこれくらいにしておきましょう。
カテゴリ:未分類
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-322.html
ただのティアです アスベル 難易度カオス 一人旅 7  (2014/06/03)
あんなこと言ってたのに今まで通りの記事という。
つまり書きたくなったら書く、それだけでした。

さて…少し前から、ちまちまやってたヒューバート戦。
ついに終わらせてしまいました…少し寂しい気もしますが。
いやあ…ダウン可能で軽いので連携が楽しかったです。
そのせいもあってアーツとバーストの連携を入れてみたり。
ポイントは昇竜氷舞と幻魔衝裂破の落下時間によるCC回復でしょうか。
おかげで長時間攻撃することができました。
なるべくCC回復手段は増やしたいところですね。
気絶や弱点制覇、そして今言った仰け反り時間の増加などなど。



それでは…動画のヒューバートのですが、
なんか動画観ると非常に簡単に見えますね。
いや本当は色々な攻撃を使ってくるんですよ。
ただ実際に戦うと確かに倒し易いとも思います。

でも一応…自分の中でやりたいことと言うのはあったんです。
なんというか全ての攻撃を対処できるようにしたいと。
ただそれを目指してやっていると、人間の判断力…いや私の
判断力だけでは非常に厳しくなってしまいまして。
とりあえずスカーレットだけはどうにもできませんでした。
警戒していても避けれないというのは悔しいですね。

まあ積極的に攻めたら動画のようになりましたよと。
見ての通り、あまりヒューバートの攻撃を待つ必要はありません。

ヒューバートはダウンするので、赤ガードする時間を作れます。
だからガードされても関係なく正面から攻撃しているのが多いわけです。
先に回避して攻撃してる場面は赤ガードする時間が無かった時ですね。
基本的に裂震虎砲か葬刃でダウンさせて、
CC回復と赤ガード時間を稼いでいく戦法
です。

ただあまり赤ガードに集中してると、
普通に回避できるアクアバレットやフレアショットも
回避しそびれてしまいますので注意しなければいけませんが。

さて次はチムピオーンボアの予定ですが、なかなか厄介ですよ。
カテゴリ:(PS3版)テイルズ オブ グレイセス
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-321.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。