雪の記憶 > 過去ログ (1件ずつ表示)
ただのティアです スポンサーサイト  (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/?overture" target="_new
ただのティアです テイルズ オブ ハーツRのシステムについて その2  (2012/12/30)
あれですね、あんまりtwitterばっかりしてると
ブログに書く事がなくなってしまいますね。
…と言っても何をどこまで喋るかとか決めてるわけでもないので
分けようがないわけですが。

とりあえずハーツRで思った事とか
気ままに書いていきましょう。

まず前回の記事で良かった部分を引っ張ってきましょう。
赤い文字で書かれた文章がそうです。
基本的に赤い部分は嬉しかったり楽しかったり良い部分です。
青い部分は反対ですから、そういうことです。

・スピルドライブは仰け反り中でも発動可能
・ターゲット変更は1回押すと最寄り、2回で2番目に近い敵
・メニューで△ボタンを押すと戦闘参加人数変更可能
・コンフィングで移動をスティックタイプと十字キータイプに選択可能
・カメラ変更は近い・普通・遠いの3種類


スピルドライブで脱出!

・スピルドライブは仰け反り中でも発動可能
まずはスピルドライブの仰け反り脱出の部分から。
ヴェスペリアやマイソロではオーバーリミッツが
棒立ちと攻撃中のみしか使えなかったんですよ。
しかしハーツRはヴェスペリアのようなゲージデザインでしたが
仰け反り中でもスピルドライブを発動できました

レベルは体験版では3まであり、レベル1から使えます。
よって、敵が多い場合はなるべくレベル1ずつ小出しにして
使っていった方が回復できる機会も増えます
から使い分けるといいですね。
スピルドライブ中は詠唱時間が激減しますから。
さて、これにより従来のテイルズシリーズの仰け反り脱出は
1度使えばゲージは空になるのがほとんどだったのですが、
ハーツRはすぐに2回目、3回目と使えるようになったわけですね。
これは素直に嬉しいと思いました、混戦が多い3D戦闘には。

・ターゲット変更は1回押すと最寄り、2回で2番目に近い敵
そして次はターゲット変更の仕様なのですが、
こちらはもう今更語ることもないでしょう、いつものことです。
とりあえず感謝をしても感謝しきれない思いですよ。
本当にありがとうございます、これからも宜しくお願いします。
本当は据え置きのテイルズもこの仕様に戻って欲しいんだけど…

・メニューで△ボタンを押すと戦闘参加人数変更可能
次は戦闘参加人数の変更が可能になったわけですが、
これも非常に嬉しい仕様の1つですね。
まさか終盤に手に入るスタンドアロンでも孤独の魔導書でもなく、
システムで最初からできるとは驚きです。
しかしこれが嬉しい人って僅かしか居ない気もするんですがね。
これは是非これからのシリーズに導入して欲しいです。

Aです

Bですね

・コンフィングで移動をスティックタイプと十字キータイプに選択可能
さて…次は操作のタイプ変更ですね、画像ばかりで申し訳ないですが。
これはヴェスペリアの、十字キータイプかスティックタイプか
選べたものと似たようなものです。
別に誰もが好きなタイプを選べば良いのですが、
やはりテイルズオブシリーズですから、
十字キーも使う人がいるということを忘れていないということが
嬉しくて仕方ありません。
この設定もこれからのシリーズに残っていってくれれば良いですね。

・カメラ変更は近い・普通・遠いの3種類
最後はカメラなのですが、こちらも特に言うことはないでしょう。
据え置きでは当然なものですしね、携帯機で戦闘画面のカメラ設定が
できるものは少なかったので嬉しかった
です。
私は当然「遠い」にして、なるべく全体を見渡そうとしています。
敵が来るのを早く知ることができて邪魔されにくいですからね。

・ブレーキ硬直はどんな行動でもキャンセル可能
あとこれは赤い文字にしてなかったんですけど今思い出しました。
これも普通に嬉しいと思いましたね…従来のテイルズは
ダッシュした後のブレーキ硬直がある
んですよね。
ただヴェスペリアやマイソロではブレーキ硬直を
ガードでキャンセルできる
のでやっていたのですが、
それでもやはり振り向く時に一瞬止まってしまうんです。
それがハーツRでは瞬時に反対側へ走ることが可能になりました。
言わばシンフォニアのスキル「ハイターン」が付いた状態ですね。
何気にこれは助かるなと思いました、ヴェスペリアもマイソロも
あれはあれで1つのテクニックだと思えば良いんですけどね。
一応この仕様にも結構驚いたのでこちらに書きました。
できればコレもこれからのテイルズで使ってくれると嬉しいです。

さて…良いなと思ったのはこれくらいでしょうか。
ただよくよく見てみると3番目以外は全て既存なものなんですよね。
先程の記事に書いた通り私はイノセンスRをまだプレイしていませんので、
この3番目の項目が既にイノセンスRでやっていたことかも知れませんが。
つまり私がどれだけ携帯機を低く見ていたのかがわかると思います
他人から見ると内容的に全然褒めてないように見えるでしょうが、
それでも私にとってはすごく嬉しい事だったんですよ。
携帯機のテイルズが据え置き並の仕様になるということが。
ただそう考えると書くタイミングが今になっただけで、きっと私は
もし先にイノセンスRをプレイしていたとしたら、
このような記事をもう少し早く書いていたのでは
と思えてきました。
スポンサーサイト
カテゴリ:テイルズ オブ ハーツR
この記事のURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/blog-entry-301.html
トラックバックURL: http://yukinohitomi.blog81.fc2.com/tb.php/301-716f5081
コメントがありましたらどうぞ
なまえ:
メール:

PASS:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。